SD-ALTIS
[1246] [1245] [1244] [1243] [1242] [1241] [1240] [1239] [1238] [1237] [1236]


車体周りの更なる簡素化を目指して、オイルキャッチタンクの移設。

フレーム前部のネック内側スペースに設置する事にしました。

レーサーならではの配線の少なさが、この場所を「スペース化」してる訳ね。。。

8d70f384.jpeg

追加補器類として、タケガワ製のA/Fセンサーを設置。

コレはヒーター電源がいらないので、BATには優しい仕様。

PLX製などの品質が安定している四輪用の流用が多いですが

敢えて二輪用のコンパクトタイプをチョイスしてみました。

結局、数値が把握できれば何だって良いんです。。。

今の所不具合は無いので、継続使用してみます。

「信用出来るか否か・・・」はこの先の使用状況で判断しましょう。
 

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
3 5 6 7
8 9 10 13
18 19 20
27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー