SD-ALTIS
[1224] [1223] [1222] [1221] [1220] [1219] [1218] [1217] [1216] [1215] [1214]


オートバイ専用ETCの配線、カプラの形状やサイズ

もう少しどーにかなんなかったのかねぇ・・・。

制作してる側は、取付の事考えていないとしか思えない。

ボクが絶対に正しいとは言わないが

なんか「邪魔くさい」の一言に尽きる。。。

1c8707ff.jpeg

本体からは4本の電源線と防水カプラ。

b814b6b1.jpeg

電源取り出し線は2本。

残りの2本はなんなの?

使わない線出す意味あんの?

その為に無駄な4P防水カプラ使う意味あんの?

f637cbb3.jpeg

まぁ、お偉いさんの考える「販売方法」とボクが思う「効率」にギャップが有るだけで

機能的には問題無いから、「細かい事」はスルーしとけばいいんじゃね?って。。。

電源は常時点灯式なので、ポジション線をプラスにカプラーで新規増設。

6ae2e51d.jpeg

ウインカーのカプラ。

フロントはポジション付の3Pカプラ。

取換える貼付け式ウインカーは2極線なので、PO線使わないだけ。

このカプラサイズは、一応090サイズだけど、通常ギボシとは違うので

専用品を用意しないと、カプラの再利用は出来ません。

上手く対応して、カプラオンなのです。

リアはスズキ系ウインカーカプラが有るので、リプレイス対応にて。

023.JPG

ウインカーのワット数が低くなるのでそのままじゃハイフラ状態。

対策レジスター装着して点滅調整します。

この配線も、エレクトロタップっちゅー不細工アイテム使用しないで

メインハーネスから間引いて、自然な配線に注意します。


さて次回で終了。

オイル交換とキャブの同調して、夜納車なのね。。。
 


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
3 5 6 7
8 9 10 13
18 19 20
27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー