SD-ALTIS
[1138] [1137] [1136] [1135] [1134] [1133] [1132] [1131] [1130] [1128] [1127]
シーズン前に対策しておきましょう。

シーズン中は走る事に専念するのが吉でございますから。。。

d05c38b1.jpeg


まずはラジエーター交換でもしましょうか、と。。。

あまり冷えないみたい・・・。

ビックラジエーターキットとか出てないらしいですね。
(ボクは調べてないから、知らないだけかもね・・・。)

正直、あまり施工単価変わらないから、ワンオフで行きましょう。。。

まぁ、組み合わせによりますので、絶対じゃあ無いですけどね・・・。

まずは、サイズの確認で比較でもしてみましょう。


10bb09e1.jpeg

純正のコアサイズ(フィン部分のみ)375x215x25

面積が806㎠で体積が2016㎤。


012.jpg

流用予定のラジエーターは、CBR600RRのレース用ラウンドタイプかな?

コアサイズ345x280x20

面積が966㎠で体積が1932㎤。


う~ん、表面積は20%増えたけど、容量的には-5%・・・。

こういった場合って、どっちが重要なんでしょうね・・・。

両方ともにプラスならばいいけど、正直-5%位じゃ「問題無いべ?」って感じ・・・。


ちなみに、冷却系牧場から採取してきた、カワサキ9RのE型用ラウンドラジエーター

コレ、面積で30%アップで体積も30%アップのタップリ増量タイプ。



大は小を兼ねるけど、大きければオッケイでも無い。

フォークのボトムストロークや固定位置との兼ね合いが重要ですからね。

加工代金には若干差が出て、9R流用の場合が割高かな?・・・。

う~ん、相談ですね・・・。
 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー