SD-ALTIS
[1134] [1133] [1132] [1131] [1130] [1128] [1127] [1126] [1125] [1124] [1123]
b7431a02.jpeg

D型対応オイルキャッチタンクが有って、C型対応が無いのはダメじゃね・・・。

っつー事で、C型対応オイルキャッチタンク制作の準備開始です。


96269c5c.jpeg

基本的にD型用とは共用出来る形状ではないので、新規製作となります。

まずは、タンク外して固定できそうな場所を探す作業から始めます。

キャブ交換車両にしか対応しないパーツなので

エアクリーナーボックス撤去がデフォルトとしまして

その取り外した後には、かなりのスペースが有ります。

エンジン上部、タンク下の前側にはかなりスペースがありますが

その場所に設置するのは簡単すぎて、ダレでも考える場所。

ブリーザーホースも小僧並みに長くなるし、ダッサダサでダメ~。

やはり、ブリーザーカバー周辺がスマート。

しかし、D型以上にタイトな隙間なので、ちょっぴり難しい。。。

じゃ、ここに決定でございます。。。

ブリーザーカバーを軸とした、各種構成部品の座標計算を行えば

三次元上の展開図が出来上がり「スペース発見」ってスンポーですね。。。

まずは試作の制作から、一気に量産製品まで進めるつもりです。


で、タンク外す前にサイドカバー外しますが、シートレール周辺は配線の山。

ウチではこの手の水冷車預かり少ないので、「ウプッ」ってなります・・・。

見慣れている空冷や油冷車両とは雲泥の差ですね。。。

b936b4e4.jpeg

3fe3830b.jpeg

別に余計な物が付いているから、手狭な訳じゃなくて

HIDやETCなどの一般的な電装品が追加されているだけ。

原因は単純にスペース不足なのが大きいですねぇ・・・。

ウズウズする現場ですが、ココは今回ノータッチ。。。

悪い虫が疼く前に、作図優先で。。。
 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
悪い虫よ! 早く騒げ・・・エヘッ。
あんやん 2012/02/11(Sat)21:51:40 編集
Re:あんやん選手
現状で虫が騒いだら、キャパオーバーになります。。。

なので、おとなしく「傍観月刊」なのです・・・。

つーか、暇だとしても、ろくな対策はできませんね・・・。

純正リアフェンダーを使用する前提では・・・。

おっと、ヒントはここまで、イヒ。。。
sda 2012/02/12(Sun)01:43:13 編集
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー