SD-ALTIS
[1013] [1012] [1011] [1010] [1009] [1008] [1007] [1006] [1005] [1004] [1003]


ABSシステム、非常に良い機能で、アイデンティティなんですが

個人的には「邪魔っちゃあ邪魔」なので撤去でゴザイマス。。。

ついでにスイングアームの交換も行うので同時作業による利便性

リア廻りを骨組みだけにして作業性の向上狙って作業に集中です。


で、ABSユニットの撤去作業に集中してしまい画像取るの忘れています。

まぁ、そんなに簡単じゃなくて面倒でした、って感じです・・・。


引き続き、スイングアーム交換へ。

6c9e5178.jpeg





















8c385a78.jpeg




















純正に補強加工を施して、バフ処理したスイングアームを装着します。

強度的にも充分以上で、見た目のインパクトもよろしいです。

バフ作業は「根岸研磨」さんちに作業をお願いしました。

ボクは磨くのキライなので、仕上がりに感心してしまいます。。。

ピボットベアリングの類はこの際、全部新品に交換です。

今後、この位置を整備する機会は早々無いので

保険の意味合いと、機能性がバランス会うので作業しておきます。。。

fc9bdc3c.jpeg




















で、何故か左のチェーン調整ボルトのネジ山部がナメテイマシタ・・・。

スイングアーム単体の組み込みとオーリンズリアサスの組み付け後

各部小パーツの組み込み中、調整プレートボルトを締めこんでいったら

ジワジワとカタ~イ感触。

すぐに引き返しましたが、すでに若干噛んでしまい

タップ修理でなんとか復旧(いや、久々に焦りました・・・)できて一安心・・・。

タップ修理するネジ山部分が長く、ロングタイプを使用してなんとか・・・。

「なんでココのネジ山痛んだのだろう・・・」

過程は知りえないですが、無事に対策が要、良かったです。。。

fc3c1fa3.jpeg




















スタビ加工スイングアーム装着。

オーリンズPRCL装着(タンバネは今後ね)。

ABSユニット撤去。


その他もろもろ変更して、リア廻り仮終了。
 
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
sda
HP:
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200
・GS1200SS
・イナズマ1200
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GPZ1100
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・W650
・イナズマ400
・FTR250
・FTR223
・CF50シャリー