SD-ALTIS
[1] [2] [3]
ニュートン製エアロ300の装着工程。

大まかな施工方法の紹介です。

作業上注意する事は、「歪と漏れ」。

共に溶接時における技術でカバーするポイント。

経験値とセンスでドウとでもなるので作業者次第なのです。

相変わらずドキドキ止まんない作業ね。





この辺に取り付けるべ、とマーキング。

色々な位置関係を網羅しての決定なのです。

決して適当な思いつきじゃあゴザイマセン。



 

ザックザクとカット。

エアブリーダーとの位置関係に注意しないと後々大変よ。

タンクは機能部品なので、意味有る配置に注意なのね。

ただ付ければ良い訳じゃ無いのです。



 

採用するキャップベースは、埋没式にしたので外径合わせて

周囲の塗装も剥がして溶接の準備します。

タンクキャップ付けた時の高さ関係が重要なので吟味します。




エアロ300対応スチールベースをTIG溶接固定。

タンク自体は薄い板なので頭使って溶接しないと歪みまくりです。

個人的ワードだと、「ちょい潜る」傾向に有るかな?と。

なので「モグたる」なりの処置をするのが条件ですかね。





曲面施工なので外周高が揃わなくて当然ですが

狙いは最低ラインを5㎜程残せるようにピッタリちゃん。

ポリパテでエッジを撫でて下地終了です。

ボクはココまで。



バイク乗ってる時に視線をふと落とすとタンク上面が目に入ります。

グラマラスな曲線にうっとりしてしまう事もシバシバ。

そう、タンクキャップはまるでビーチク。

みんな大好きビーチク祭。

こねくり回すの大好き祭。



ボクはチラリズム派なんでスケビーチク祭。
ミッション交換による弊害対策。

良い意味での「弊害」ね、判ってると思うけどさ。。。




六速になった分、右側に少し出っ張ってしまったケース。

対するキックペダル。

そのままキックすると・・・



上から見た図として、現状、サイレンサーに干渉する。

当初は、「オフセットされたキックペダルで解消するべ」、なんて思ってたけど

製作者曰く、「相性が悪いから、それはナシの対策で・・・」だってさ。。。

単純に、車体側に追い込めばオッケイなので

カットして、繋いで、現場合わせのマフラー制作だね。。。




サイレンサーステーの加工もしてみましょ。

そのままでは、外側にフィットさせてる形状なので

内側への追い込み加工でもしましょうかな。。。



現状で加工物が採用されていますが

位置関係が微妙との事・・・。

ならば、作り直してみましょう、と。

ついでに、メーターステーも一体式にて完結致しましょう。。。




で、制作したステーがコレ。

一応、現物合わせなので、寸法等控えておきます。

もしかすると、同じ仕様の製品造るかもしれないし・・・。

アルミ製で、ライトの固定部分はM8グロメット仕様。

メーターステーはM6グロメット仕様。

キチンと、防振対策しないと壊れちゃうよ。。。

特に、リジットハーレーはね。




比較。

収まり感アップ。

バッチグーでございます。


宙ぶらりんの物を固定するのって、加工に時間が掛かりますが

出来上がったら、普通に見えるから、ちと残念・・・。


まぁ、それは「可もなく不可も無く」って事で良しとします。。。


スラッシュタイプのサイレンサーが取れないレスキュウ。

グラスウール交換しようとしたら、固着していて取れないよ、と。

古いの撤去して、新しいの作るプランです。




四苦八苦で、なんとか引っこ抜いたインナーサイレンサー。

外周合わせで、鉄板巻いてあるけど

入口内径合わせサイズなので、差込奥ではキッツキツなのが原因ね。

作業はデラ助手が活躍。

ご褒美に、壬生二郎へ。。。



 

次のマフラーは、キャタ追加して消音処理してきちんと対策シリーズ。

サイレンサーエンドがテーパーなので

インナーサイレンサーの固定ベース加工も行いましょう。


それなりの大人になって、自分のカネで好きな事してるけど

他人様に迷惑かけてるようじゃ、イカン、と。。。

爆音ハーレーはちょっと、アレね・・・。

自分の首絞めてる事に気付いてチャン。。。


O2センサーの取付ボス設置作業。

色々と弊害が有るらしいんです・・・。

キチンとするのは、ショップ毎のモラルですからね・・・。


ちなみに委託作業です、はい。



エキパイは、前後合わせて5か所の接合変更にて対策しました。

手法としては、フロントバンクエキパイを位置決め加工してから

リアバンクのエキパイをアジャスト加工していく、と。


思わぬ副産物として、加工済みだったリアバンクエキパイの

パイプ延長部分と、集合差込部分との収まりが良くなってしまった・・・。

で、困った事にスプリングフックポイントが変わってしい、要対策と・・・。

新たなフックベースの設置は、作業上余計な出費になります。

お客様からしたら二度手間加工は避けたい所ですからね・・・。

一度現物確認して頂いて、判断願いましょうかしらね。。。


作業的には、要是正ポイントだったので対策出来て良いんですけど

「後々ばれて手抜き作業と思われるかも・・・」と認識してますので

ボク等関係者以外の作業従事者方々が、今後触れる事を想定して

恥ずかしくない様な作業と加工対応が望ましいかな?との判断です。

たかだか一か所のパイプ延長溶接部分で、たいそうな事言ってますが

見る人は見てますからねぇ・・・。

自身の為にもしておきたい対策です。


で、ばっちり追い込み完了です。
数値的には、80㎜程度内側に移設出来ました。

車体との一体感が増すと、クオリティが上がる不思議。。。

ワンオフ加工の恩恵でもありますけどね。。。

良い位置関係じゃないかな?と思ってる次第でございます。

車種名が記号にしか見えないから、「HD系」と一括り。。。

スミマセンねぇ、ハーレーは無知なんすよ・・・。

で、地元のHDショップ、「ハイフィールド」さんちからの委託。

マフラーの加工です。

この車種用では無いらしいので、すでに加工されていますが

スポーツ用をビッグツインへ装着だったっけかな?

取付位置がイマイチなので、補修します。




上から見ると、張り出し量が多い。

これじゃあ、まともに走れたモノじゃありません・・・。

他車種流用のサダメなのかしらね・・・。

「もっと内側に」へ向けて加工します。




材質はSUS材で、取付調整加工として同径パイプを繋いであります。

この位置関係を踏襲し、ステップ下へ集合部を移設しつつ

尚且つ、最低地上高も確保しつつ、現車合わせ加工なのです。

二本なので、比較的に楽な作業ですが

何しろ、暑い・・・。

日の出後と夜間が営業時間となりました・・・・。



ミッションブローしたので、交換を余儀なくされた最中

エンジンレスだからこそ、楽に行える作業をします。

ミッションの補修作業は別のHD専門店にて行っていますので

この状態で入庫でございます。

常々思いますが、HDはシンプルなオートバイだな、と。。。

贅肉?を省いたカスタムは王道で、多種多様化してる文化。

僕自身、そこまで手を掛けた事が無い車種でもあるので

近々、向き合ってみたいと思っています・・・。

ただ、好き勝手にカスタムしたい願望が強いだけでも有りますけどね。





今から5年前に製作したオイルキャッチタンク。

機能・振動対策も上手くいってるようで、無事何よりでございます。。。


こうゆう再確認って、重要です。

「しっかりした物が制作出来た」、と。

次に繋がる訳でね、色々と。






で、そのオイルキャッチタンクの上位置にETCケースを設置します。

積載箇所がほぼ無いHDの場合、ハンドルに一体式マウントか

サイドバックやタンクバックに忍ばせる事が多い設置方法だと思います。

「違う所に設置しておきたいな」、とオーナーさんの要望を経て

アルミケース内に分離型の本体を設置してみましょう、と。

フレーム前面に設置すると、「エンジンの冷却に影響は?」、とか

ソッチ方面に気が向きますが、実際はどーなのでしょう・・・。

「やってみてから判断しましょう」と、やはり実戦で判断?ですかね。

ケースサイズ的に、防振や防水対策を考慮したらば、当初のイメージより

ちょいと大きな形状になってしまいましたが、致し方ない・・・。

ブラックアウトして、一体感を演出すればさほど気にならないかな?と。







次に、フレーム下部のアンダーパネル制作。

3㎜厚のアルミ板をベースに、先端ロール加工とサイドに返しを設けて

フレーム下部に合わせた形状にて制作です。

固定はラバーチューブマウントで、防振対策も考慮してます。

現段階では、プレートの脱着は容易に出来ますが

エンジンとミッション載ったらどうかな、と・・・。

ソコが懸念事項です・・・。

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
鈴王
性別:
男性
職業:
SD-ALTIS 主宰
自己紹介:
実験・開発車両
・GSF1200S
・GS1200SS
・GSX-R1100
・GSX-R750
・GSX750S
・ZZR1100D
・GPz1100
・Z1000J
・GPZ1000RX
・GPZ900R
・ZRX1100
・W650
・XJR1200
・FZ750
・TDR80
・XR250
・CF50シャリー
・エイプ50
ninja tools